投機家Sの皮算用

売買サインを出すブログではなく、好き勝手しゃべくるブログですので悪しからず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

12/30 寄り付き

いよいよ2014年、大納会でございます。
昨日のこの時間は、てっきり18,000円台に乗せて年末を終えることと思っていましたが、
思わぬエボラニュースに水をぶっ掛けられました。

夜になって陰性が伝えられ、ホッとしましたが、
海外のマーケットも参加者がいないのか元気がなく、
昨日の下落を取り戻して18,000円台で引けるのは難しいでしょと誰もが思っているでしょうね。

さて、大納会ミラクルあるかぁ?
スポンサーサイト
このページのトップへ

12/29 後場

結構な混乱ぶりですね。
テレビがやけに静かなのが不気味です。
このページのトップへ

12/29 昼休み

すみません、以下の書き込みが反映されていませんでした。

12/29 前場
明日の大納会に向け、やはり掉尾の一振シナリオ継続中な感じですね。
2014-12-29(09:25)

12/29 昼休み
不自然な下落でなんだ?と思ったら、
エボラ出血熱のニュース報道とほぼ同時ですね。
もともと年末でプレーヤーが少なかったのに、
ちと、やり難くなりました。
2014-12-29(11:45)
このページのトップへ

12/19 欧州時間

強いですね。
イヤらしい押し目の付け方をするので入りにくく、
ほとんど儲かっていません(笑)

18,000円までずっとこんな感じ?
今年も掉尾の一振の年末になるのでしょうか?
このページのトップへ

12/18 欧州時間

東京時間のギャップアップにもブーイングでしたが、
ナイトセッションもギャップアップって…。

ナメとんか!

これは日経225先物の取引24時間化に向け、
デモでもしたい気持ちですな。
せめて15:10~16:30の中途半端な休憩は撤廃してくれませんかね?

ここまでの戻り高値17,450円。
25日線まで戻してきました。
このページのトップへ

12/18 前場

ちょっと寄り付きが高すぎるやろ-!
米国株に比べてかなり強いですよ。
順張りですので今日は買いオンリーですが、
取引チャンスくんのかな?
このページのトップへ

12/17 欧州時間

昨夜安値16,440円から、これまたエグい戻しがあって、
この時間までの戻し高値は16,980円。
動きますねぇ。

でもここから悩ましいですよ。
もう一度下を試すのもあり、このまま上昇再開もありです。

日足ストキャは陽転はしていませんが、売られすぎゾーンへ。
週足ストキャは陰転しました。

不気味なのは、米国株の先物はそんなに戻してないんですよね…。
このページのトップへ

12/16 米国時間

今日もナイトでスパーク!
安値16,440円まで。

ナイスですね~。
このページのトップへ

12/16 前場

東京時間で16,700円を割ってしまうと、
東京時間だけのチャートでは、月足まで包み足陰線になってしまうんですよね。
ナイト安値16,610円をまっすぐ目指して良いチャートですけど、
そういうことで今日のところは16,700円は守るかもしれませんね。

あと、その下で意識されそうな価格は、
黒田砲第二弾の日の高値16,560円
週刊見通しでも書いた、黒田砲第二弾までの高値16,360円
というところか。
このページのトップへ

12/15 米国時間

きてます、きてます(^^)

16,610円まで落ちてきました。
まさに、真っ逆さまに堕ちてデザイア相場!

これは、ご馳走さまでした。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

投機家S

Author:投機家S
 
日経225先物、日経225オプション、FX(ドル円・ユーロドル)をテクニカル分析のみでトレードしております。
メインは日経先物のデイトレ。たまに日経オプションの買いでスウィング。日本株のボラが小さい時や祝日はFX。そんな感じです。

相場で安定して勝つ方法は、上昇トレンドのときの押し目買いと下降トレンドのときの戻り売りしかありません。

そのうち、証券会社や欧米の投資銀行に資産を吸い上げられている日本のお年寄りのために何かできればと思っています。

(記事内の画像はクリックで拡大できます)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (169)
日刊 (0)
週刊 (19)
癒やしのコーナー (1)

マーケット

by 株価チャート「ストチャ」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。